足元ナビ

リフレクソロジーと足つぼの違い 両方体験した僕が感じたこと

time 2019/07/08

リフレクソロジーと足つぼの違い 両方体験した僕が感じたこと

こんにちは。
あっしーです。

今回はリフレクソロジーと足つぼの違いについて書きたいと思います。

でも僕はぶっちゃけ「どっちでも効果あるんならいいや。」って思ってます(笑)

素人からすればどっちがどっちだって感じだし、
実際のサロンであまり区別されていない場合もあるからです。

そんな僕が、違いをわかりやすく、
知っておいたほうがいいと思った部分を抜き出して
紹介してみますね。

リフレクソロジーと足つぼは、生まれた場所、施術方法など違う部分があります。

それぞれを簡単にまとめてみますね。

リフレクソロジー
・発祥地:アメリカ
・施術する場所:反射区を刺激する
・圧のかけ方:面で圧をかける
・目的と効果:リラックスを目的とし、身体全体の調子を整える
・痛み:痛くない

足つぼ
・発祥地:中国
・施術する場所:つぼを刺激する
・圧のかけ方:点で圧をかける
・目的と効果:症状緩和を目的とし、症状のある部位の調子を整える
・痛み:場合によって痛みを感じる

と、こんな感じです。

面と点というのは、どうやって圧をかけるのかという違いです。

面で圧をかけるというのは、
反射区は足裏全体に広がっているのでそれを包み込むように刺激するということです。

点で圧をかけるというのは、
つぼをピンポイントで刺激するということです

だから、リフレクソロジーは手のひらをよく使うのに対して、
足つぼは指先や関節、専用の器具を使います。

それによって痛みの差がでます。

足つぼのサロンでも痛みを感じない施術をしようとするところもあるので、
お店によっても違います。

目的と効果をダイエットに例えるなら、

リフレクソロジーは体質改善。
足つぼは筋トレ。

体質改善は身体全体を考えます。
筋トレは痩せたい(鍛えたい)部位を考えます。

目指すことは同じです。

全体を見るか、部分を見るのかといった違いですね。

リフレクソロジーは身体のケアと心のケアを一緒に行います。
だからリラックスできる施術をします。

足つぼは身体のケアを徹底し、症状を緩和することで
結果的に心のケアにもなります。
だから、時に痛みを感じる施術になります。

考え方が違うんですね。

ただ、サロンではどちらの場合も病気の治癒についての責任は負いません。
最初に来店するときにそういった説明されます。

あくまで症状の緩和だということです。

症状をなおすのではなく、
症状と上手く付き合っていくための手段として使うという距離感が適切かなと思います。
自分でリフレクソロジーと足つぼを選ぶ時は、
リラックスを目的としているかどうかで選ぶといいでしょう。

その違いだけわかれば、あとの違いはぶっちゃけ必要ないなって僕は思います。
専門家だけわかっていればいい。

あ、そうそう。
僕もリフレクソロジーを受けたことがあります。

ふたつの店で受けたんですが、全然違いました。

ひとつの店は本当にリラクゼーション。
包み込むようなマッサージでとてもリラックスしました。
もちろん足もよくなりました。

もうひとつの店はわりと足つぼよりのマッサージでした。
足の裏をごりごりされましたよ(笑)
痛くないようにしてもらいましたが、足はものすごく軽くなりました。

最初のほうに店でもあまり区別されていないといいましたが、
これは本当です(笑)

あと、店の違いというと施術する場所が仕切られているかいないかという違いもありました。

人目を気にせず施術を受けたいという方もいるだろうし
人目のないところではなにされるかわからないと不安を感じる方もいるでしょう。

気にされる方は事前に店の前をあるいてみたり、

ホームページや口コミの写真から調べてみたりしておくといいかなと思います。

というわけで今回はリフレクソロジーと足つぼの違いでした。
では!

あっしー

down

コメントする




このブログが目指すものと僕のプロフィール

あっしー

あっしー

「足には僕らの身体を変えるちからがある。」 そんな想いのもと、 足元から生活を豊かにする情報を 発信しています。 はじめまして、あっしーです。 僕は慢性的な疲れやすさを 抱えていました。 その疲れから僕を解放してくれたのが リフレクソロジー・足つぼでした。 その体験から足の持つ可能性を知り、 足に関するさまざまなことを勉強し始めました。 そこで得た知識を、多くの人に伝えたい! そんな想いでブログを書いています。 [詳細]