足元ナビ

靴は靴箱にしまうな!!靴の保管の仕方

time 2019/07/22

靴は靴箱にしまうな!!靴の保管の仕方

足の裏は老廃物を出す場所です。

だから気づかずとも汗をかいています。

そんな靴を脱いですぐに靴箱にしまう。

これって不衛生だと思いませんか?

靴は洗えないものがほとんどですが、

だからこそ手入れが大切です。

除湿剤や芳香剤を靴箱に置いていても

限界があります。

だから僕は靴を外に出します。

庭かベランダ。

どっちでもいいです。

とにかく外に出します。

なんでかっていうと干せば

太陽によって除菌されるからです。

湿気もとれます。

干した布団で寝るのは気持ちいいように

干した靴を履くのも気分がいいものです。

オゾンや紫外線によって除菌するという

商品もあります。

でも僕はそういう商品は好きじゃありません。

気休め程度だと思ってます。

科学的に効果が実証されているものなのでしょうが、

実際に外干ししたもの比べると気分が良くないです。

だから僕は、

外干しするようにしています。

だって気分いいほうがいいじゃないですか。

スッキリした気分で履いてもらったほうが

靴も嬉しいはずです。

僕は靴も自分も大事にしたいので

靴はなるべく外へ出します。

もちろん、雨の日や日差しが強すぎるときは

控えますけどね。

雨に濡れたら元も子もないですし

強すぎる日差しは色あせる原因になります。

雨に濡れたわけでもない靴を干すことに

抵抗感じる人もいるかもしれませんね。

でも、よく考えてみてください。

洗えない服や布団は干すじゃないですか。

じゃあ、なんで靴は干さないんですか?

僕は靴も定期的に干すべきだと思うんですよ。

月に一回とかでもいいです。

一度はいた靴は干してからしまう、でもいいです。

季節の変わり目で靴を入れ替えるとき

でもいいです。

干しましょう。

そうすると気分がいいです。

靴を清潔にして気分良く歩きたいじゃないですか。

運動は健康のために必要ですが、

気分悪い状態でやるのであれば

効果が落ちてしまいます。

運動によって気分が良くなる効果もあるのに嫌々やってたらもったいないですよ。

靴を干すだけで気分は上がります。

干してさっぱりした靴を履いて、

空気を胸いっぱい吸い込んで

気分良く歩きたいじゃないですか。

靴は靴箱にしまわずに外に出しましょう。

これは試せばわかります。

試すリスクなんかありません。

お金なんかかかりませんし、

かかる時間や手間もたかが知れています。

やらなきゃ損です。

これは今回の話だけに限らず、

いろんなことに対しても言えることです。

試すリスクがないのにチャレンジしない。

これは本当にもったいないなと思います。

効果があるのかどうかは自分で確かめるのが確実だし早いです。

状況によって効果があるかどうかが変わるものもあるので

自分できちんと確かめるのが一番です。

誰かの口コミを調べるのもいいですが

その人の背景が書かれていない場合が多いです。

どんな状況でのことなのか分からなければ、

参考にはしづらいです。

文章を読むのだって時間がかかるし、疲れます。

百聞は一見に如かずってやつです。

実際にやってみてちゃちゃっと効果を確認しちゃいましょう。

「あれはどうなんだろう」

「こっちはどうだろう」

っていうのがたくさん頭の中にあると

思考がごちゃごちゃになってすごく疲れます。

さっさと結果を出しちゃえば思考はシンプルになります。

「あれはいいけど、これはダメだった」ってね。

いらないものを切り捨てられるのです。

何をどうしていいかわからない時は

手当たり次第になるしかありません。

でも口コミを手当たり次第に読んでいてもちっとも片付きません。

ちゃんと自分で実践するってことを手当たり次第にやってください。

これが最強です。

ってなわけで、

靴は外に出しちゃってくださいね。

あっしーでした!

down

コメントする




このブログが目指すものと僕のプロフィール

あっしー

あっしー

「足には僕らの身体を変えるちからがある。」 そんな想いのもと、 足元から生活を豊かにする情報を 発信しています。 はじめまして、あっしーです。 僕は慢性的な疲れやすさを 抱えていました。 その疲れから僕を解放してくれたのが リフレクソロジー・足つぼでした。 その体験から足の持つ可能性を知り、 足に関するさまざまなことを勉強し始めました。 そこで得た知識を、多くの人に伝えたい! そんな想いでブログを書いています。 [詳細]