足元ナビ

行動できない人間なんていない

time 2020/01/21

行動できない人間なんていない

行動できない人間なんて一人もいない。僕はそう思っている。今これを読んでいるあなたは、なにも行動できずに「自分って駄目だな」って思っているのかもしれない。でも、大丈夫。

行動できなくて自分を否定してつらくなること。それは誰にでもあることだし、多くの人が何度でも悩み、迷うこと。だけど、行動することは本当は全然難しいことじゃなくて、めっちゃシンプル。

なんで行動することが難しく感じちゃうのか、解き明かしてみようと思う。僕も良く行動できなくなって自暴自棄になることがあるから、備忘録としてここに書いておいて、ときどき読み返そうと思っている。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E7%A9%BA-%E8%87%AA%E7%94%B1-%E5%B9%B8%E7%A6%8F-%E5%AE%89%E5%BF%83-%E7%A5%88%E3%82%8A-2667455/)

行動できない人間なんていない

行動できない人間なんていない。行動できなくてしんどくてこれを読んでいる人だって、「どうやったら行動できるのか?」そう考えているから、この記事にたどり着いているはず。

もう行動できている。ただ、自分が本当にやりたいと思っていることをやれないから、行動できないって思うだけ。

で、行動できないって何回も思うことで、「自分は行動できない人間なんだ」「なんにもできやしない」なんていう考え方が自分の中で定着する。

そうすると自信なんて持てやしないし、なにに対してもやる気が起きなくて、ただグータラネットサーフィンしたり、SNS見たり、テレビ見たり、暴食してみたり、買い物しまくって散財したり、ずっと寝てたりする。

もったいない。方向性をちょっと治してあげるだけでいい。だって行動してるもん。この記事読んでるんだから。本当になんもしない人だったら、この記事読むことだってしようとさえ思わない。

これを読んでる人はすぐにでも行動できる。大丈夫。ちょっと元気がなくなってるだけ。まだ全然間に合うし、いつでもスタート切っていい。

行動できない=自分はダメ人間ではない

大事なのは、自分のやりたいと思っていることに関して行動できていないだけであって、全てのことに行動できないわけではないってこと。

自分のやりたいことをやれないから自分はダメだって考えるのが習慣になると、自分は何も行動できないダメ人間だっていう自分に対するイメージが定着する。(セルフイメージとも言う。)

これは防がないといけない。やりたいことがある時点ですごいことだから。せっかくやりたいことがあるのに、そのやりたいことがあることであなたは苦しんじゃいけない。

やりたいことを持つことがあなたにとって苦しいことであってはいけない。もったいない。やりたいことがあるのなら、それだけで胸張って生きてていいし、僕はそういう人には胸を張って生きていてほしいと思っている。

やりたいことを見つけようともしない人はたくさんいる。やりたいことを見つけようとしている人や、やりたいことを行動に移そうとしている人は素敵だ。

やりたいことをちゃんと行動に移して頑張れるような考え方をシェアするので参考にしてほしい。

やる気なんかなくても動ける

「でも、やる気しなくて行動できない…」と思うかもね。

でも、行動にやる気なんて必要ない。そりゃあ、あるほうがいいけどなくてもできる。というか、行動するとやる気が出てくる。

僕らは脳でいろんなことを考えるけど、脳は自分から何かを発するのって実は苦手。外からの刺激を受けて反応しているだけ。

だから、やる気なくっても行動して、脳に刺激を与えると脳が働きだしてやる気が出てくる。やる気は湧き上がるものじゃなくて外から受け取るもの。これ大事だから忘れないで。

自信なんてなくても動ける

「やる気は行動すれば出るのは分かったけど、自信ないよ…」

はい。自信もなくても行動できる。余裕余裕。だってさ、小さな頃ってなんも知らなくてなんもできないけど、いろんなことに興味持ってチャレンジしたでしょ?

「できるできない」じゃなくて「やりたいかやりたくないか」もしくは「やるべきかやるべきじゃないか」で判断してたはず。そこに自信もへったくれもない。

で、もっというと、行動できていないとなんにも成長できないから、自分に自信がなくなっていく。自信がない原因って行動してないことなんだよね。

卵が先かにわとりが先かって話になるけど、自信はやる気と同じで、脳に刺激を送ってやらないと持てない。けど、行動は自身もやる気もなくてもできる。

まずやるべきは、なんもやる気しなくても自信なんかみじんもなくてもとにかく行動すること。

ちっちゃいことから行動し始めよう

でも急にでかいことやろうとしても、だらけてた人にはキツイ。だからまずは、小さいことからでいい。

勉強したいのなら、教科書を一行だけ音読するとか、英単語一つだけ書いてみるとか。

部屋の掃除でもいい。机が汚かったら勉強やろうにも無理だからね。全部やろうとしなくていいから、「机の上だけきれいにする」とか「ごみをまとめて捨てる」だけでもいい。

僕はブログを書きたいけど、他のブロガーさんより全然書けない。記事数が全然増えない。だから、完璧な記事を書こうとするのを辞めようって思ってる。

タイトルだけ書くでもいいし、投稿画面開くだけでもいい。とにかく小さなことを習慣として続けて行こうと思う。

で、書き終わらなくても公開しちゃうとか。中途半端なものが公開されてるのって気持ち悪いから、自然に書きたくなるだろうしな。これから開始します。忘れたら何度でもこの記事読みなおしてやる。続けていく。

すぐに取り組める環境を作る

すぐに取り組める環境を作るのってすごい大事。だって、行動できてない時期って、やりたいことをやろうって思う回数が少ないし、その気持ちが続く時間もすごい短い。

だから、思い立った時にすぐ取り組めないと、なんにも進まないで終わっちゃう。これってめちゃくちゃもったいない。

勉強なら、教科書を1行読むだけでもやる。だったら、教科書をすぐ取り出せるようにしておくとか。

ブログを書くために投稿画面を開くことをやるなら、投稿画面をブックマークしておくとか。

こんなことでいいから、すぐに取り組める環境を作っておくと、行動できない時期を早く抜けられるからおすすめ。

だからまずは、小さいことをすぐにやれる環境づくりからちょっとずつ始めるといい。

何もしないリスクってめっちゃ高い

やりたいことをやりたくないって思う大きな理由は「めんどくさい」だと思う。何かをするには意志の力が必要だし、時間もお金も必要。なんもしなければ何も失うものがないから楽。だからやりたくなくなる。

でも、よく考えてほしい。なんもせずになんの楽しみもなく、つまらない平凡な生活をダラダラ続けるのって、ものすごい損失だ。

何もしなければなんも失うものがないと思いがちだけど、実際はものすごく大きなものを失ってる。僕はこれをものすごい恐怖に感じるから、やりたいことに取り組めなくなったら思い出すようにしてる。

考えることに逃げるな

これ、自分によく言い聞かせたいんだけど、考えることに逃げないで。なんか、行動できない理由を探していると、頑張ってる感あるから、一時的に満足しちゃうんだよね。なんも進んでないのに。

僕は結構こういうのがあって、ブログを書こうと思っても書けなかった時、書けなかった理由を丸一日考えてたりする。それで時間なくなって結局またブログ書けない。みたいな。

行動できない理由を2時間あれこれ考えるよりも、1分でブログのタイトルだけ書くほうが何百倍もいい。だって進んでるもん。

頑張りの量じゃなくて、行動した量で勝負しないと。実際行動してれば、ちょっとずつでも前に進んで、自信とやる気が少しずつ溜まってきて、自分が成長していく。

この良いループに入ってしまえばこっちのもん。きついのは最初だけだ。だから、何回も言っているけど、最初は小さな簡単にできることからスタートするのがめっちゃ大事。

考えすぎてエネルギーを使うから行動できない

考えるのってかなりエネルギーを使う。実際、脳っていうのは、全身のエネルギーの25%くらいを使っている。だから、考えるとエネルギーを使いすぎて行動するエネルギーがなくなってしまう。

たしかに、効率的な方法や計画を立てられたら、それにこしたことはない。けど、計画を立てるだけで疲れてるんだったら、その計画を実行することなんてできない。

なんでかっていうと、計画を立てることよりも実践することのほうが大変だから。計画を立てるだけで疲れちゃうくらい細かくて長期の計画だったら、実践するなんてマジで無理。

要は、身の丈に合ってない。だから、計画をごちゃごちゃ考えるよりも、今何をするのかだけをきっちり決めて行動してしまえばいい。

行動し続けていれば、自分のレベルが上がっていくから、自然に計画も立てられるようになっていく。計画は立てようと思って立てるのではなくて、行動しているうちに自然に思いついてできあがるもの。

だから、考えるよりも行動。行動が優先。行動しないと何も始まらない。行動のない計画なんて無意味。

きついようだけど、これが真実。

行動できない理由を考えると行動できない前提の思考になる

これは自己啓発とか心理学的な話になるんだけど、行動できない理由を常に考えていると、自分は行動できないっていうイメージが自分に刷り込まれる。

そうすると、計画を立てるにしても、立てられなくなる。だって自分は行動できない人だっていうイメージがあるから、計画を立てていても「どうせできないからな」とか思って嫌になっちゃう。

だから、できない理由を考えるんじゃなくて、「どうすればできるのか」を考える。似てるけど全然違う。これを間違えるとやる気の出ない負のスパイラルにはまるので本当に気を付けるべし。

自分への信用を取り戻す

「行動できない」「自分って駄目だな」「なんもできやしない」こんな風に思う時は、自分に対する信用を失っている。

やりたいことを掲げて、行動に移せないっていうことは、自分との約束を破る行為だから。

だから、小さなことでも、「これをやる」って決めて、実行できたら、自分との約束を果たすっていう経験ができる。そうすると自分に対する信用が戻ってくる。

自信は「自分を信じる」って書くように、自分に対する信用が戻ってくれば自信がつく。さっきも言ったけど、これが、「行動しないから自信がない」っていうことの根拠。

逆に言えば、どんなに小さいことしかしていなくても、ちゃんと行動している人は自信を持ってるし、自信があるからこそ人と堂々と関われるし、そうするといろんな良い話が舞い込んでくる。

小さいことをきっちりやるって簡単なのに良いことがめっちゃある。これをやらない手はない。

負けんな。

最初ちょっと頑張れば、いいループに入れて、あとは自然に進んでいくから。もうちょっとだけ、あと半歩でもいいから、進んでみよう。

まとめ

ふう。思ってたよりも長くなって自分でびっくりしてる(笑)

これ書いてたら僕自身もやろうって気持ちになってきて、そんな気合入った感じで書いたからいい文章になったかなと思う。

気持ちの勢いで書いてるから、文法的に読みにくいところとかあるかもだけど、気持ちが伝わることが大事だから、あえて修正はしないでおこうと思う。

僕も行動できなくなったら何度でも読み返す。

 

で、おまけだけど、僕が行動できなくなった時にはこのレポートをよく読み返してる。これは自分ってなんもできないじゃんって痛感した時に、いろいろ考えてもっと頑張ってやるぜ!って思ったことを赤裸々に書いてる。

これもやる気ないときにはおすすめ。リンク張っておくので、よければ一緒にどうぞ。無料です。

https://drive.google.com/open?id=0B3exIotHcHecSWdwSnJiQ01yUzBWa3pIbGNubDRuUVVYOGZZ

down

コメントする




このブログが目指すものと僕のプロフィール

あっしー

あっしー

「足には僕らの身体を変えるちからがある。」 そんな想いのもと、 足元から生活を豊かにする情報を 発信しています。 はじめまして、あっしーです。 僕は慢性的な疲れやすさを 抱えていました。 その疲れから僕を解放してくれたのが リフレクソロジー・足つぼでした。 その体験から足の持つ可能性を知り、 足に関するさまざまなことを勉強し始めました。 そこで得た知識を、多くの人に伝えたい! そんな想いでブログを書いています。 [詳細]