足元ナビ

ウェブライターをしている僕が集中力を維持するためにしていること

time 2020/08/16

この記事は、ライターの僕が集中力を保つためにしていること紹介している。また、ライターの仕事をする中で感じた、集中力の種類や集中力が続く記事の書き方も紹介していく。

仕事の質や効率は集中力で決まるけど…長時間は無理

集中力をどれだけ高められるかで仕事の効率が決まってくる。ライターは文章を書くのが仕事だから、集中してないと誤字脱字が増えるし、読みにくい文章になってしまう。僕自身も集中を保つようにいつも心がけてる。

とはいえ、ずっと高い集中力を保つのは実際のところ難しい。人間が高い集中力を維持できるのは15分とか30分が限界とか、いろんな研究で言われている。

テレワークが増えて、自宅で仕事をするようになった夫を見て「全然仕事してない」と妻が言っているという話がネットに出ているが、知識労働を1日8時間やること自体がそもそも無理な話だと思う。

しかし、なるべく集中できる時間を増やしたいと思うのも本音だ。そのために僕はいろいろ試しているが、その中でも一定の効果があったものをいくつか紹介しようと思う。

ライターの僕が効果を感じた集中力を保つ方法

僕が集中力を保つためにやっていることは大体3つ。

  • 規則正しく生活する
  • 決まった音楽を聞く
  • 運動を取り入れる

当たり前のことばかりだけど、こういうのがやはり効果的だなと、やってみて気づく。

規則正しく生活するのは本当に大事で、睡眠をしっかり取れると頭がスッキリして集中できる。それと、同じ時間に起きていると、1日のスケジュール感覚ができてくるから、細かくスケジュールを管理しなくても大体いい感じで過ごせる。

作業中は決まった音楽を流す。そうすると、「この音楽を聞いたら記事を書くんだ!」という意識が出来上がる。音楽を流し始めればすぐに集中モードに切り替わるからすごく良い。が、飽き性な僕は2〜3種類くらい作業用の音楽を使っている。

デスクワークはじっと座っているため、体が固まってくる。運動して血流を上げてあげると脳にも酸素が行き渡って、眠気もスッキリする。朝一と疲れてきた午後に運動している。

運動不足の解消にもなるし、集中力も続くし、いいことづくめ。運動は散歩をしたり筋トレをしたりなど、天気や気分で使い分けている。場合によっては買い物に出て、歩くなんて日もある。

集中力が必要な作業とそうでない作業を織り混ぜる

ウェブライティングには集中力が必要だが、作業内容によってはそこまで集中力を必要としないものもある。例えば、画像の選定や文字の装飾など。

文章を作成する時と比べて集中力が必要ない作業なので、文章を書いて「ちょっと疲れたな」と感じた時は、先に画像の選定や文字の装飾をするときもある。

こうやって、集中力があまり必要ない作業を合間に挟むと、長い時間作業し続けられるからおすすめ。

集中には種類があるよね。リサーチはひらめきが大事

あとは、集中にも種類があるなと思う。リサーチは記事の構成を決める大事な作業だけど、リサーチは文章作成に比べて疲れない。

「なんでかなー」と考えてみたけど、集中力の種類が違うんではないかと思う。文章を書く時は、論理的に話を進める必要があるから、細かいところにも気を遣う。僕の感覚で言えば「一点集中」って感じ。

それに対して、リサーチをするときの集中は割とボーッとしている感覚。リサーチの時は、読者に響く言い回しや、読者の気持ちなんかを考える。それを見つけるときにはひらめきが大事だと思う。

ひらめきが得られる、言い換えると良いアイディアを思いつくのって、結構リラックスしている時。感覚的に言えば、お風呂に入ったり、きれいな景色を眺めてボーッとしている時のような感覚。

そういうボーッとしたような集中は一点集中と比べて、長時間維持できる。僕は割と、このボーッとしている集中が好きで、記事とは関係ないところまで読者の気持ちを考えてしまうこともある。笑

もはやマイワールドに入っている。やたら時間をかけてしまって、時給が下がっているので、これは僕の悪い癖だから真似しないように。

話が逸れたが、人によってどっちの集中が得意っていうのはあるのかもしれない。

リサーチがしたいから記事を書く

僕はリサーチの時のボーッとした集中をしている時間が好き。もちろん、自分が伝えたいことや読者に役立つ情報を論理的にきちんと説明できた時もとても嬉しい。

でも、それよりもひらめきを待ちながらボーッと考えている時間が好き。こんなふうに、ライティングの中でも好きな時間とそうでない時間が人それぞれあると思う。

それを見つけられれば、楽しく仕事ができる。僕も、リサーチの時間が好きだと気づいてからは、仕事をするのが幾分か楽しくなった。

とは言え、リサーチのやり方もよくわかっていなかった頃は、楽しさどころではなかった。楽しさを見つけるには、ある程度、打ち込まないといけないのは間違いない。

ライティングを始めたばかりの頃は、記事を書くのに何時間もかかって大変だったけど、ここまで続けられてよかったなと思う。駆け出しライターの人は、自分の楽しみが見つかるまで記事を書いてほしいなと思う。

 

 

 

down

コメントする




このブログが目指すものと僕のプロフィール

あっしー

あっしー

「足には僕らの身体を変えるちからがある。」 そんな想いのもと、 足元から生活を豊かにする情報を 発信しています。 はじめまして、あっしーです。 僕は慢性的な疲れやすさを 抱えていました。 その疲れから僕を解放してくれたのが リフレクソロジー・足つぼでした。 その体験から足の持つ可能性を知り、 足に関するさまざまなことを勉強し始めました。 そこで得た知識を、多くの人に伝えたい! そんな想いでブログを書いています。 [詳細]